set File

Web標準テンプレート

HTML5 & CSS3検証


Nowお問合せフォーム



HTML5 & CSS3検証

本ページの正当度
本ページの構成表
閲覧環境 » PC主要ブラウザ(*1) スマートフォン その他
Valid HTML5(*2) 適応 適応 適応
Valid CSS3(*3) 適応 適応 未使用
Media Queries 参照: PC & スマートフォンスタイル
No Script »
  • ブラウザに依存し、端末(特にスマートフォン)に負担・弊害のあるJavaScriptは一切使用せず、大概の事はPHPで実装しておりますので、JavaScriptが無効でも問題なくご利用いただけます。
  • 本サイトは、JavaScriptやスタイルシートが無効時でも正常に表示する事をモットウにしています。

(*2)HTML5・検証結果表
正当結果 不当結果 検証不可(要:更新)
  • 正しい文法で構成されている場合は、Checkボタン直下に以下が表示されます。 淡いグリーンの帯に黒字で英文(端末によって様々)が表示されます。
  • ただし、サーバー混雑状況等でオレンジ背景に白字で以下の文字列が表示されたらページの更新で正当結果とURLが表示されます。Sorry! This document cannot be checked.
  • 大概のWebコンテンツの検証結果は、Checkボタン直下にErrorの嵐です。
  • 文法エラーの数と該当箇所が英文で表示されますので、制作者の未熟なスキルが原因なのか、または、高度なスキルを持ち合わせていながらも広告設置等の何らかの事情で敢えて妥協しているかが明確です。
  • エラーが多いと表示が崩れるばかりか読み込みも遅いし弊害だらけですが、本サイト及び本サイトの提供物はErrorなど一つもありませんので、安心してご利用いただけます。
  • サーバー状況や、リファラ制限実装時は以下の文字列が表示されますが、リファラ制限実装以外の場合はWebページを更新すると検証結果が表示されます。Sorry! This document cannot be checked.
  • その他、該当コンテンツのソースコードで検証すると、リファラ制限実装時でも確実に検証可能。
  • 本サイトでは、メールフォームの確認ページと送信完了ページにリファラ制限を設けています。
  • 更に、厳格に日本語で検証するWebサイト(*4)もあります。
本ページの正当度を確認 気になるWebサイトのURLを入力して正当度検証 ソースコードで検証

(*3)CSS3の正当度検証
  1. 文法エラーがない正しいCSSで構成されている場合は、以下の文字列が表示されます。
    おめでとうございます! エラーはありません。おめでとうございます! この文書は正当な CSS レベル 3 として検証できました!
    本サイトのCSS及び、提供するCSSは全て正当なCSSです。
  2. 文法に誤りがあった場合は、以下の文字列とと該当箇所が表示されます。
    エラー: 以下のエラーが見つかりました。 (エラー数)
    エラーだらけのCSSは、エラーhtml同様に表示が崩れるばかりか読み込みも遅いし弊害だらけです。以下のリンクから検証可能です。
  3. 検証。CSSのURLは拡張子(*5).cssです。

メインコンテンツへ

Page Top